中国文化・中国語」カテゴリーアーカイブ

狩猟の心得

diàoérgāngshè宿xiǔ

《论语》论语述而篇第七-26

素読文:

つりしてこうせず。よくして宿しゅくず。

解釈:

 釣りをする時は網を使って一網打尽にすることはしない。
矢を射て鳥をとられることはあったが、鳥を巣ごと一網打尽に捕らえることはなかった。

文・行・忠・信を教う

jiàowénxíngzhōngxìn

《论语》述而篇第七-25

素読文:

もっおしう。ぶんこうちゅうしん

解釈:

孔子は四つの科目により指導した。文献の研究、行動、忠誠、信義の四科目だ。

名を正す

yuēwèijūndàiérwéizhèngjiāngxiān

yuēzhèngmíngyuēyǒushìzāizhīzhèng

yuēzāiyóujūnsuǒzhīgàiquēmíngzhèngyánshùnyánshùnshìchéngshìchéngyuèxīngyuèxīngxíngzhòngxíngzhòngmínsuǒcuòshǒu

jūnmíngzhīyányánzhīxíngjūnyánsuǒgǒuér

《论语》子路篇第十三-3

素読文:

子路しろいわく、衛君えいくんちてまつりごとさば、まさなにをかさきにせんとす。いわく、かならずやたださんか。子路しろいわく、るかな、なるや。なんたださん。いわく、なるかなゆうや。くんらざるところいて、けだ闕如けつじょたり。ただしからざれば、すなわげんしたがわず。げんしたがわざれば、すなわことらず。ことらざれば、すなわ礼楽れいがくおこらず。礼楽れいがくおこらざれば、すなわ刑罰けいばつあたらず。刑罰けいばつあたらざれば、すなわたみ手足しゅそくところし。ゆえくんこれづくれば、かならきなり。これえば、かならおこなうきなり。くんげんいて、いやしくもするところきのみ。

解釈:

 子路はもし孔子が衛の君主に乞われ治世に当たることになったら何からされますか?と尋ねた。
孔子曰く“まずは言葉を合わせよう”
子路曰く“それでは回りくどく、効果が見えるまで時間がかかる様に思います”
孔子曰く“言葉の解釈がまちまちならば、治世に対する解釈がまちまちになる。治世は乱れる。

現代日本の状況も為政者と国民の『言葉』がずれている様に思います。
『繁栄』という言葉を、為政者は自ら所属する政治団体の勢力拡大と解釈し、国民は日々の生活のゆとりと解釈している。

これ丘なり

yuēèrsānwéiyǐnyǐněrxíngérèrsānzhěshìqiū

《论语》述而篇第七-24

素読文:

いわく、さんわれもっかくせりとすか。われかくすこときのみ。われおこなうとしてさんともにせざるものし。きゅうなり。

解釈:

孔子は弟子たちに向かって言った「私の教えに何か秘密でもあって、それを君達にかくしていると思っているのではないか?私には何もかくすものはない。私はいつも、君達と一緒におり私の行動を見せている。それが私の教えの全部だ。きゅうとはそういう人間だ」

孔子の教えは、人として当たり前のことなので、もっと深い意味があるのではないかと考えてしまうのでしょう。重要なことは人として当たり前のことを実践することでしょう。

文行忠信

もっおしう。ぶんこうちゅうしん

《论语》述而篇第七-23

素読文:

もっおしう。ぶんこうちゅうしん

解釈:

孔子は四課題を以て指導をした。「文」:書籍の研究、「行」:生活体験、「忠」:誠意、「信」:社会的信義だ。

これが丘なり

yuē:“èrsān(1)wéiyǐnyǐněrxíngér(2)èrsānzhě(3)shìqiū(4)。”

《论语》述而篇第七-23

(1)二三子:諸君(弟子たちへの呼びかけ)
(2)不与:共に(行動)せず
(3)者:行い
(4)丘:孔子のこと

素読文:
いわく、さんわれもっかくせりとすか。われかくすこときのみ。われおこなうとしてさんともにせざるものし。きゅうなり。

解釈:
孔子曰く:“諸君は、私の教えをかくしていると思っているのか。私には何もかくすものはない。諸君はに私の行動を見ている。それがきゅうという人間なのだ”

後世に生きる私には、孔子の言葉の表面しか捉えていないのではなかろうかと思うことが度々です。孔子と同じ時代に生き、一緒に生活した弟子たちも私と同じ様な感覚を持っていたのではないでしょうか。

我師あり

yuē:“sānrénxíngyǒushīyānshànzhěércóngzhīshànzhěérgǎizhī。”

《论语》述而第七-22

素読文:
いわく、“三人さんにんおこなえば、かならり。ものえらびてこれしたがい、からざるものにしてこれあらたむ。”

解釈:
三人で世を渡れば、各々二人の師を持つことになる。善い道づれは手本になるし、悪い道づれは、己を改める刺戟になる。

師とは優れた点を自己に真似るだけではなく、師の欠点を自己に改める対象である。という孔子の教えと理解しました。

雅言

suǒyán(1)shīshūzhíjiēyán

《论语》述而篇第七-18

(1)雅言:古代に使われた共通言語

素読文:
げんするところは、しょれいるもみなげんなり。

解釈:
孔子が毎日語られることは、詩・書・執礼の三つである。この三つだけは実際毎日語られる。

老いの至るを知らざる

gōngwènkǒngduì
yuē:“yuēwéirénfènwàngshíwàngyōuzhīlǎozhījiāngzhìyúněr。”

《论语》述而篇第七-19

素読文:

しょうこうこう子路しろう。子路しろこたえず。いわく、なんじなんわざる、ひとりや、いきどおりをはっしてしょくわすれ、たのしみてもっうれいをわすれ、いのまさいたらんとするをらざるのみ、と。

五十にして学ぶ

yuē:“jiāshùniánshíxuéguò。”

《论语》述而篇第七-17

素読文:

いわく、われ数年すうねんくわえ、じゅうにしてもっえきまなばば、もったいかるし。

解釈:

孔子曰く:“我に数年寿命を与え、50歳になって易を学べば、大禍なき者となるだろう”

孔子が何歳の時に言った言葉かはわかりませんが、50歳になって易を学べば、大禍なき者になるだろう、と言っています。これは自分自身について言った言葉ではなく、周りの弟子たちに言った言葉の様に思います。多分弟子たちはまだ50歳になておらず、歳をとってからでも学ぶことは重要であり、学ぶべきだと教えたのではないかと愚考します。