巧言令色仁鮮なし


yuē:“qiǎoyánlìangxiǎnrén。”

《论语》学而第一-3

巧言:huāyǎnqiǎo
令色:tǎohǎodebiǎoqíng

素読文:
子曰く、こうげんれいしょくすくなしじん

解釈:
子曰く:言葉巧みに取り入りご機嫌をとる様な者は「仁」が少ない。

「仁」は論語の中では最高の徳として位置付けれています。
学而第一-2『孝悌也者,其為仁之本与?』と合わせると、
『孝悌』を務める者が仁者である。
『巧言令色』は仁者ではない。
ということになります。

徐々に仁者の実態が見えてきました。