中国文化・中国語」カテゴリーアーカイブ

従心を目指して

yuē:“shíyòuérzhìxuésānshíérshíérhuòshíérzhītiānmìngliùshíérěrshùnshíércóngxīnsuǒ(1)(2)。”

《论语》为政第二章-4

(1)踰:踏み外す。
(2)矩:道理、規範

素読文:
いわく、われじゅうゆうにしてがくこころざす。三十さんじゅうにしてつ。じゅうにしてまどわず。じゅうにして天命てんめいる。六十ろくじゅうにしてみみしたがう。七十しちじゅうにしてこころほっするところしたがいて、のりえず。

解釈:
孔子曰く:“我は15歳で学問に志した。30歳で自分の立ち位置を定めた。40歳で進む道に惑いはなくなった。50歳で天命を知ることができた。60歳で人から言われたことに反駁することは無くなった。70歳にして思い通りに行動しても世のことわりに反することは無くなった。

論語の中でも日本人にもポピュラーな一節だと思います。
日本では6歳で小学校に上がりますが、15歳で学問に志すと言っています。中国古代では15歳で『小学』に入り18歳で『大学』に入るとあります。「十有五にして学に志す」と言うのは高校生レベルの「学」のようです。

論語のこの節が元になり、節目の年齢に名前がついています。
がく(15歳)、りつ(30歳)、わく(40歳)、めい(50歳)、じゅん(60歳)、じゅうしん(70歳)

残念ながら80歳以上には名前がありません。孔子が生きていた頃には80歳まで生きる人は居なかったのでしょう。

徳を持って導き、礼を持って斉うる

yuē:“dǎozhīzhèngzhīxíng(1)mínmiǎnérchǐdǎozhīzhīyǒuchǐqiě”。

《论语》为政第二-3

(1)格:きたると読む時は「なついて来る」と訳す。ただしと読む時は「正しくなる」と訳す。いたると読む時は「善に至る」と訳す。

素読文:
いわく:“これみちびくにまつりごともってし、これととのうるにけいもってすれば、たみまぬかれてはじし。これみちびくにとくもってし、これととのうるにれいもってすれば、はじりてかつただし。”

解釈:
孔子曰く:“法律だけで民を導き、刑罰で秩序を維持しようとすると、民は法の網目を避けそれを恥じることもない。徳を持って民を導き、礼によって秩序を整えれば、民は恥を知り正しい行いをする。”

世界中が孔子の教えを守れば私たちの世界は平和で豊かになるはずです。
残念ながら、指導者に徳も礼もない国があり、争いごとが絶えません。

思い邪念なし

yuē:“shīsānbǎi(1)yán(2)zhīyuēxié。”

《论语》为政第二章-2

(1)诗三百:全305篇からなる中国最古の詩篇。儒教の経典である経書の一つに数えられる。
(2)蔽:覆い尽くす。(詩経全体を)まとめると

素読文:
いわく:“三百さんびゃく一言いちげんもっこれおおえば、いわく、おもよこしまし。”

解釈:
孔子曰く:“詩経約三百編を一言で言うなら「思い邪念なし」だ”

知るを知るとし、知らざるを知らずとする

yuē:“yóu(1)huì(2)zhīzhīzhīzhīwéizhīzhīzhīwéizhīshìzhī。”

《论语》为政第二-17

(1)由:姓はちゅう、名はゆうあざな子路しろ
(2)诲:教え諭すこと

素読文:
いわく:“ゆうなんじこれるをおしえんか。これるをこれるとし、らざるをずとす。るなり。”

解釈:
孔子曰く:“由や、お前に知るを教えよう。知ることを知るとし、知らざることを知らざるとする。これが知るということだ”

ソクラテスは「無知の知」と言っています。洋の東西を問わず古の哲人は同じようなことを考えていたようです。

温・良・恭・倹・譲

qín(1)wèngòngyuē:“zhìshìbāng(2)wénzhèngqiúzhī(3)zhī(4)?”
gòngyuē:“wēnliánggōngjiǎnràngzhīzhīqiúzhīzhūrénzhīqiúzhī。”

《论语》学而第一-10

(1)子禽:姓は陳、名はこう。子禽はあざな。子貢の弟子
(2)是邦:どの国でも
(3)求之與:孔子の方から求めたのか
(4)抑與之與:それとも君主たちから持ちかけられたのか

素読文:
きんこういていわく、“ふうくにいたるや、かならまつりごとく。これもとめたるか、抑々そもそもこれあたえたるか。”
こういわく、“ふうおんりょうきょうけんじょうもっこれたり。ふうこれもとむるや、ひとこれもとむるにことなるか。”

解釈:
子禽は子貢に尋ねた“孔子先生はどこの国に行かれても、必ずその国のまつりごとについて尋ねられますが、それは先方から問われるのでしょうか?それとも孔子先生から話されるのでしょうか?”
子貢はこう答えた。先生は温・良・恭・倹・譲の徳を備えられているので自然にそう言う質問を受けるのだと思う。
先生は政に関わることを望んでおられるが、他の人とは違って権力や官位を得ることに興味を持っておられるのではない。

役職や地位にこだわれば、正しい政はできないと孔子は考えていたのでしょう。

義礼親

yǒuyuē:“xìnjìnyángōngjìnyuǎnchǐyīnshīqīnzōng。”

《论语》学而第一-13

素読文:
ゆういわく:“しんちかければ、げんむべきなり。きょうれいちかければ、じょくとおざかる。ることしんうしなわざれば、またたっとぶべきなり。”

解釈:
有子曰く:“約束が義に叶っておれば、それは実行されるだろう。恭しく振る舞うことが礼に叶っていれば、恥辱を受けることはない。親しくする人を間違わねば、その人を尊敬できる。”

人との交わりは義礼親が大切ということでしょう。

和而礼節

yǒu(1)yuē:“zhīyòng(2)wéiguìxiānwángzhīdàowéiměixiǎoyóuzhīyǒusuǒxíngzhīérjiézhīxíng。”

《论语》学而篇第一-12

(1)有子:姓はゆう、名はじゃくあざなは子有。
(2)用:施行する。

素読文:
ゆういわく:“れいようたっとしとす。先王せんおうみちも、これしょうだいこれるも、おこなわれざるところり。りてするも、れいもっこれせっせざれば、おこなうべからざるなり。”

解釈:
有子曰く:“礼は和を尊いものとしなければならない。古代の王も和を美徳とした。しかし大事も小事も和だけではうまくゆかね。和を知って和するも、礼をもって節度を保つべきだ。

孔子は、君子は和而不同であるべきだと言っています。有子は『和而礼節』を追加しています。

終わりを慎み遠きを追う

zēng(1)yuē:“shènzhōng(2)zhuīyuǎn(3)mínguīhòu。”

《论语》学而第一-9

(1)曾子:孔子の弟子。姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。顔回・曾子・子思・孟子を合わせて「四聖」と呼ぶ
(2)慎终:心を込めて葬儀を行う
(3)追远:神や先祖を祭る事

素読文:

そういわく:“わりをつつしとおきをえば、たみとくあつきにせん。”

解釈:
曾子曰く:“上に立つものが父母の葬儀を慎み深く行い、神や祖先祭祀を怠らなければ、厚い徳が民衆に広がるだろう”

日本人は山川草木全てに仏性があり、八百万の神々に感謝するという感性を持っています。はるか昔の孔子の教えが生き続けているのでしょう。

学のある人とは

xiàyuē:“xiánxián(1)(2)shìnéngjiéshìjūnnéngzhìshēnpéngyǒujiāoyánéryǒuxìnsuīyuēwèixuéwèizhīxué。”

《论语》学而第一-7

(1)贤贤:賢者を尊重する。
(2)色:換える、もしくは軽視する。

素読文:
子夏しかいわく、“けんけんとしていろえ、父母ふぼつかえてはちからつくし、きみつかえいたし、朋友ほうゆうまじわり、いてしんらば、いままなばずといういえも、われかならこれまなびたりといわん。”

解釈:
子夏曰く:“美女を慕うより賢者を慕い、父母には一生懸命尽くし、命がけで君主に仕える、友人と交わっては信義に違わない。そんな人は世間で無学と言われようが、私は識者だと考える。”

真の識者とは高学歴者・知識人ではなく、父母に尽くし、君主を命がけで支え、友人との付き合いに信義を忘れない。
こういう人を「学」のある人だと、孔子の弟子たちは考えていたのでしょう。

事、人、時

yuēí:“dǎo(1)qiānshèngzhīguóí(2)jìngshì(3)érxìnjiéyòngéràirén使shǐ(4)mínshí(4)。”

《论语》学而第一-5

(1)道:導く
(2)千乘之国:大国(戦車が千台もある様な大国)
(3)事:国の使役
(4)时:時期(例えば農閑期)

素読文:

いわく:“せんじょうくにおさむるには、ことけいしてしんあり、ようせっしてひとあいし、たみ使つかうにときもってす。”

解釈:

孔子曰く:“千乗の大国を治める秘訣は「事」「人」「時」だ。すなわち事にあたっては民の信頼を得る事。民を無闇に使役せず愛する事。使役をする場合は農繁期を避ける事。”

国を治める場合だけではなく、組織の運営も同じく「事、人、時」を忘れてはなりません。