300年ぶり?


中国語の発音で難しいもののひとつに「そり舌音」と言うものがあります。日本語にはこの音が無いので、なかなか正確にこの音を出すのが難しいのです。
しかし台湾の人や中国の南部の人はあまり「そり舌」を使いません。
私はラジオ講座で覚えた「そり舌音」を正確に発音するように心がけていたのですが、まじめに発音してもなかなか通じません。むしろ何気取ってるの?見たいな反応が返ってきます。
吃飯も「ちーファン」では無く「ツーファン」と言わないとなかなか通じません。
さらに中国語には四声と言うのがあって、四声が違うと全く違う意味になってしまい全然通じなくなります。
長らくあっていない人に「3.4年あっていませんね」と言うつもりが「30年あっていませんね」と言ってしまい爆笑されたことがあります。
すなわち四(si4)と言わなければならないところを十(shi2)といってしまったわけです。
そり舌音と四声を同時に間違えてしまったわけです。
それ以来長らくあっていない人には、めんどくさいので300年ぶりですねということにしています。
実は台湾の人たちの間でも、十四と言うのを四十と聞き違えることは時々あるようです。


300年ぶり?」への1件のフィードバック

  1. ポッドキャストで学ぶ中国語会話

    中国語発音 三声の連続による声調の変化

    第一 di4 yi1 ke4 レッスン1
    一.生 sheng1 ci2  新しい単語
    1.一 (数) yi1    いち
    2.二 (数) er4   に
    3.三 (数) san1  さん
    4.四 (数) si4   よん
    5.五 (数) wu3   ご
    ……

コメントは停止中です。