樊遅仁を問う


前回は司馬牛が孔子に「仁」を問うたのをご紹介しました。
「司馬牛仁を問う」

樊遅も孔子に「仁」とは何かと訪ねています。

fánchíwènzhìyuē:“mínzhȳjìngguǐshénéryuǎnzhīwèizhì。”
wènrényuē:“rénzhěxiānnānérhòuhuòwèirén。”

《论语 雍雅第六-22》

樊迟:孔子の弟子。

素読文:
 はんう。いわたみつとしんけいしてこれとおざく、知とし。
 じんを問う。いわく、仁者じんしゃかたきをさきにしてるをのちにすじんし。

解釈:
樊遅が「知」とは何かと問うた。孔子曰く:知あるものは人としての義を尽くし、神や先祖を大切にするが、神や仏に頼る様なことはしない。それが知者というものだ。
樊遅は「仁」とは何かと重ねて問うた。孔子曰く:仁者は困難なことを避けずに行い、損得は後に考える。これが仁者というものだ。