里は仁なるを美と為す


子曰:“rénwéiměichǔrényānzhì?” 

《论语 里仁第四-1》

素読文:
子曰わく、は仁なるをよしす。えらびて仁にらずんば、いずくんぞなるをん。

解釈:
住むところは仁徳のある人が多く住んでいるところがよい。人徳のある人が多くいるところを選ばずにどうして智が得られよう。

次の様に解釈することもできます。
子曰わく、じんるをす。えらびて仁にらずんば、いずくんぞなるをん。
仁の徳を行動の拠り所とするのが美しくよいことだ。自ら仁から離れては、どうして智者といえよう。

個人的にはこちらの方が好きです。