仁を志せば悪なきなり


yuē:“gǒuzhìrénrénè*

《论语 里仁第四-4》

(注)恶:邪恶

素読文:
子曰わく:いやしくも仁にこころざせば、しきこときなり。

解釈:
志がたえず仁に向ってさえおれば、過失はあっても悪を行なうことはない。

しきこときなり。”を
にくむこときなり。”と読むと「仁を志すならば、人を憎んではいけない」と解釈できます。または
にくまるることきなり。”と読めば、「仁を志していれば、人から憎まれることはない」と解釈できます。

いずれの解釈でも私たちは常に「仁」を大切にしなければならない、という事です。