第一期TWI導入サポート企業募集中


弊社では、第一期TWI導入サポート企業様5社を募集中です。

第一期TWI導入サポート企業様の募集は終了しました。
第二期TWI導入サポート企業様の募集は2015年9月の予定です。

  • 新人の作業ミスによる不良問題がしばしば発生する。
  • 作業員の流動性が高く、新人の教育訓練の効率を上げたい。
  • 多能工育成が課題になっている。

このような問題や課題をお持ちの企業様に、TWIの導入を提案いたします。
TWIとは(Training Within Industry)の略で、現場リーダの作業指導能力を高めるためのシステム的なアプローチの事を指します。
日本では戦後間もなく導入され、日本産業訓練協会が中心となり日本全国で指導をしています。弊社の日本産業訓練協会認定トレーナーが御社のTWI導入のお手伝いをさせていただきます。

TWIについてはこちらもご参考にしてください。
「TWI-JI」仕事の教え方

TWI導入サポート第一期の企業様5社で、3月7日にキックオフを開催します。

キックオフ後、サポート企業様個別にTWI-JI導入支援、監督者に対する研修、作業指導標準の作成支援を実施します。

その後、各企業様でTWI-JIを実践していただきます。
(約半年の間、必要に応じて個別指導をします)

各企業様での約半年の導入成果を発表する交流会を9月に開催いたします。

今後第二期第三期とTWI導入サポート企業様が増えて行きますが、第一期のサポート企業様は、今後開催されるTWI成果発表交流会にご招待いたします。

詳細の日程は以下の通りです。

  • 3月7日(午後):弊社会議室
     TWI導入企業経営者様の交流
     TWI導入の意義
     TWI導入成功のために考えるべき事
     TWI-JIの具体的内容。
     導入先行企業の事例

    対象:経営者様
  • 2日目(全日):お客様工場
     TWIの沿革と紹介
     監督者の意味と必要な五つ条件
     不完全と正確の指導方法
     四段階法
      受講者実例の演習
     作業分解の学習
      受講者実例の演習
     一日のまとめ

    対象:現場監督者
       管理職、経営者様のご参観を推奨
  • 3日目(全日):お客様工場
     2日目内容の復習
     訓練予定表の学習
      受講者実例の演習
     多能工の育成
      受講者指導方法の演習1
      受講者指導方法の演習2
     特殊な指導方法
     摘要と結論、受講者の感想

    対象:現場監督者
       管理職、経営者様のご参観を推奨
  • 4日目(全日):お客様工場
     監督者研修のフォロー
     現場指導

    対象:現場監督者
       管理職、経営者様のご参観を推奨
  • 9月:TWI成果発表交流会
    (東莞にて開催します)
  • 料金:29,800元(発票込み)
    交通費は実費を請求させていただきます。

第2日目以降は、御社のご都合に合わせ日程を決定させていただきます。
4日目以降の実践フォローも御社のご要求に合わせてサポートします。

お問い合わせ、お申し込みは下のフォームからお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

第一期TWI導入サポート

メッセージ本文

送信後に「第一期TWI導入サポート」と言う件名のメールが自動送信されます。万が一届かない場合は、迷惑メールフォルダーに入っていないか、登録したメールアドレスが正しいかご確認をお願いいたします。