論語」タグアーカイブ

老いの至るを知らざる

gōngwènkǒngduì
yuē:“yuēwéirénfènwàngshíwàngyōuzhīlǎozhījiāngzhìyúněr。”

《论语》述而篇第七-19

素読文:

しょうこうこう子路しろう。子路しろこたえず。いわく、なんじなんわざる、ひとりや、いきどおりをはっしてしょくわすれ、たのしみてもっうれいをわすれ、いのまさいたらんとするをらざるのみ、と。

五十にして学ぶ

yuē:“jiāshùniánshíxuéguò。”

《论语》述而篇第七-17

素読文:

いわく、われ数年すうねんくわえ、じゅうにしてもっえきまなばば、もったいかるし。

解釈:

孔子曰く:“我に数年寿命を与え、50歳になって易を学べば、大禍なき者となるだろう”

孔子が何歳の時に言った言葉かはわかりませんが、50歳になって易を学べば、大禍なき者になるだろう、と言っています。これは自分自身について言った言葉ではなく、周りの弟子たちに言った言葉の様に思います。多分弟子たちはまだ50歳になておらず、歳をとってからでも学ぶことは重要であり、学ぶべきだと教えたのではないかと愚考します。

衛の内紛

rǎnyǒuyuē:“wèiwèijūn?”
gòngyuēnuòjiāngwènzhīyuēshūrén
yuēzhīxiánrén。”
yuē<:“yuàn?”
yuē:“qiúrénérrényòuyuàn。”
chūyuē“:wèi。”

《论语》述而第七-14

素読文:

冉有ぜんゆういわく:“ふうえいきみたすけんか。”
こういわく、“だくわれまさこれわんとす。”
りていわく、“はくしゅくせい何人なんぴとぞや。”いわく、“いにしえ賢人けんじんなり。”いわく、“うらみたるか。”いわく、“じんもとめてじんたり。 またなにをかうらみん。”
いでいわく、”ふうたすけざるなり。”

解釈:

冉有ぜんゆう曰く“孔子はえいの君を援けられるだろうか”
子貢が曰く“私が聞いてみよう”
子貢は孔子の室へや行きたずねた。“はく・叔しゅくせいはどういう人でしょう”
孔子は答えた「古代の賢人だ」
子貢「二人は自分たちのやったことを、あとでくやんだのでしょうか」
孔子「仁を求めて仁を行なうことができたのだから、なんのくやむところがあろう」
子貢は孔子の部屋から戻り、冉有にいった。「師は衛の君をお援けにはならない」

孔子一行が衞の国に滞在していた頃、衛の父子の関係が悪化していた。戦争になる気配がありそれを心配した弟子たちを子貢が代表して孔子に尋ねた。
孔子は、父子はそれぞれに仁に従って行動しただけだから恨みはないだろうと、戦争にはならないと考えていた様だ。

衛の国王が、不倫の妻を殺したことで、その息子が国外に逃亡。
孔子一行が滞在中にそんなゴタゴタがあり、弟子たちが浮き足だったのでしょう。

子三軍を率いれば

wèiyányuānyuēyòngzhīxíngshězhīcángwéiěryǒushìyuēxíngsānjūn(1)shuí

yuēbào(2)píng(3)érhuǐzhě

línshìérhàomóuérchéngzhě

《论语》述而-第七-10

(1)三軍:大国の持つ37,500人の軍隊
(2)暴虎:暴れる虎と素手で戦うこと
(3)冯河:大河を歩いて渡る。(2)(3)共に命知らずの行動

素読文:

顔淵がんえんいていわく、これもちうればすなわおこない、これつればすなわかくる。われなんじとのみるかな。子路しろいわく、三軍さんぐんらば、すなわたれともにせん。いわく、ぼうひょうし、してものは、われともにせざるなり。かならずやことのぞみておそれ、はかりごとこのみてさんものなり。

解釈:

孔子は顔淵に“任官することがあれば仕事をするが、声がかからねば静かに過ごすだけだ。それができるのは君と私くらいのものだろう”
横で聞いていた子路が“師が大軍を任されることになったら誰と戦いますか”と聞いた。
孔子答えて曰く「暴れる虎と素手で戦ったり、大河を歩いて渡ろうとする様な蛮勇・無謀な者とは一緒に戦えない」

勇猛果敢であることは必要でしょうが、蛮勇無策では兵卒をまとめ勝利に導くことはできないでしょう。
残念ながら、孔子も顔淵も大軍を率いる機会には恵まれませんでした。

喪中の心得

shíyǒusāngzhězhīwèichángbǎo

《论语》述而篇第七-9

素読文:

あるものかたわらしょくすれば、いまかつあかざるなり。おいこくすれば、すなわうたわず。

解釈:

孔子は、喪中の人と同席して食事をされるときには、腹一ぱい食べることはなかった。孔子は、人の死を弔われた日には、歌をうたわなかった。

現代で、精進落としをおかわりして腹一杯食べる人は見たことがありません。故人が好きだった歌を歌うことはあっても、楽しげに歌を歌うことはないでしょう。

憤せざれば启せず

yuē:“fèn(1)(2)fěi(3)(4)sānfǎn(5)。”

《论语》述而篇第七-8

(1)愤:問題を解決しようと発奮する
(2)启:教える。理解させる
(3)悱:もどかしい思いをする。うまく言えず口篭る
(4)发:導く、啓発する
(5)反:応用して反応する

素読文:

いわく:“ふんせざればけいせず。せざればはっせず。一隅いちぐうあげて、三隅さんぐうもっかえさざれば、すなわふたたびせざるなり。”

解釈:

子曰く「問題を解決しようと奮闘しないものには、教えない」

ただ安直に答えを教えてもらおうと言う者に答えを教えてやっても、身につかない。
まずは理解しようと苦悶しなければならない。
答えを知るより、苦悶するプロセスが成長の礎になるはずです。

我が衰え甚しきかな

yuēshènshuāijiǔmèngjiànzhōugōng

《论语》述而篇第七-5

素読文:

いわく、はなはだしいかな、わがおとろえたるや。ひさしいかな、われまたゆめしゅうこうず。

解釈:

孔子曰く:“私もずいぶん年老いたたものだ。最近は一向に周公の夢を見なくなってしまった”

孔子は若い頃はきっと、尊敬する周公の夢をしばしば見ていたのでしょう。最近は周公の夢を見なくなったのを、年齢のせいと考えているようですが、孔子が成長し周公に近づいたから夢に見なくなったのだろうと思います。

申申・夭夭

zhīyàn(1)shēnshēn(2)yāoyāo(3)

《论语》述而篇第七-4

(1)燕居:家でくつろぐこと
(2)申申如:のびのびとくつろぐ様子
(3)夭夭如:楽しそうな様子

素読文:

燕居えんきょするや、申申しんしんじょたり。夭夭如ようようじょたり。

解釈:

孔子は家にいるときは、いつものびのびとくつろぎ、楽しそうにしておられた。
凡人の印象では、孔子は家にいる時も考え事をしており、どちらかといえば沈思黙考の表情だったように思っていました。

学を好む弟子

āigōngwèn:“shúwéihàoxué?”
kǒngduìyuē:“yǒuyánhuízhěhàoxuéqiānèrguòxìngduǎnmìngjīnwèiwénhàoxuézhě。”

《论语》雍也第六-2

素読文:

哀公あいこうう、ていたれがくこのむとす。こうこたえいわく、顔回がんかいなるものり、がくこのむ。いかりうつさず、あやまちをふたたびせず。こう短命たんめいにしてせり。いますなわし。いまがくこのものきかざるなり。

解釈:
哀公が孔子に尋ねた:“門人中で誰が一番学問が好きかな”
孔子答えて曰く:“顔回という者があり、たいへん学問が好きでした。怒りをうつさず、過ちをくりかえさない、顔回はそれができた。しかし、不幸にして短命で亡くなり、この世を去りました。顔回なきあとには、残念ながら、ほんとうに学問が好きだといえるほどの者はおりません」

学びの道とは

yuē:“jūnxuéwényuēzhīpàn。”

《论语》雍也篇第六-25

素読文:

いわく、“くんひろぶんまなび、これやくするにれいもってせば、またもっそむかざるべきか。”

解釈:

子曰く“君子はひろく書籍を学んで知見をゆたかにするだけでなく、礼に従って実践しその知見を自分のものになければならない。それを実践できてはじめて学問の道にそむかないといえる。”

多くの書籍を読んでいても、書籍から得た知識を実践できなければ識者とは言えない、ということでしょう。