タグ別アーカイブ: QCC活動

QCC活動

 私は幾分ヘソが曲がっている様で(大いにヘソが曲がっていると言う知人は多いが)大学院を卒業後、従業員30人程度の会社に就職した。コンサル会社ではない。製造業だ。開発型のファブレス企業でもない。製造部門の作業員も入れて30人の立派な零細企業だ(笑)

そこから突然1部上場企業に転職した。最初に配属された製品開発部署の課員が30人以上いた。

零細企業では、今日の飯の種を設計する(設計期間1週間なんて当たり前)。しかし転職先では1年後、2年後に商品化する製品の設計をしている。大いに規模の格差を実感した。更にカルチャーショックを受けたのは「QCC活動」だ。実際の開発業務とは別のテーマをサークルごとに自由に取り組むことが出来るのに大いに感激した。長期にわたる開発プロジェクトの合間に、短期間で完結出来るテーマに取り組むことが、気分転換にもなっていた。

自分自身の意志とは逆に、社内のQCC活動が徐々に形骸化して行った。
そんな折に、品質部門を担当することになり、活動する側から指導する側に立場が変わり、どうすれば再び活発になるかを考えた。そのお陰で、事業部の代表サークルが社内の成果発表会で好成績を取れる様になった。

独立後、中国工場の指導でも顧客の現場リーダ、管理者でチームを作りQCC的に改善をするスタイルでやっている。

QCCスタイルで活動することにより、自主性や協調性を養う、改善手法や取り組み方を実体験を通して教えることができる。この方法により、契約期間が終了した後も、顧客社内で改善が継続する様になる。

日本のQCC活動と少し違っているのは、テーマを経営幹部とサークルメンバーが一緒に選定するところだ。ボトムアップでも、トップダウンでもなく、トップ・ボトム協調型と言えば良いだろうか。活動テーマ選定に関しては、サークルの自主性を損なわない様にトップが関与するスタイルだ。その後の活動はメンバーの自主活動となる。

これにより、経営層が狙いたい成果と、メンバーの自主性、改善能力向上を目指すことができる。


このコラムは、2015年6月29日に配信したメールマガジン【中国生産現場から品質改善・経営革新】第430号に掲載した記事を加筆修正したものです。

【中国生産現場から品質改善・経営革新】は毎週月曜日に配信している無料メールマガジンです。ご興味がおありの方はこちら↓から配信登録出来ます。
【中国生産現場から品質改善・経営革新】

リンク

第一期QCC道場成果発表会を開催しました。
QCC道場に参加された4社の経営者・経営幹部の皆さん、成果発表会に参加された異業種の幹部の皆さんの参加で、4サークルの成果発表を聞きました。

「QCC道場」とは

発表内容

  • 「SL8中-R傷不良削減」鴻達錩小組
  • 「新空室整炉IP不良低減」源謚小組
  • 「傷不良半減」宏展小組
  • 「研磨工程直行率15%アップ」奇の隊

第一期QCC道場成果発表会

第一期QCC道場に参加されたメンバーは今回初めてQCC活動に取り組みました。
初めての活動ながら、4サークル合計で五百数十万元の年間効果金額を達成されました。
ご参加いただいた企業の経営者様は「メンバーに改善活動の楽しさを肌で感じて欲しいと考えた」と参加動機を語っていただきました。参加したメンバーは、QCC活動の実践を通して大きな成果と自信を得たと思います。

今後は参加したメンバー一人一人がリーダとなり、改善活動を継続してくれるでしょう。