タグ別アーカイブ: 仁とは

三年の喪

zǎi(1)wènsānniánzhīsāngjiǔjūnsānniánwéihuàisānniánwéiyuèyuèbēngjiùxīnshēngzuānsuìgǎihuǒ
yuēshídàojǐnān
yuēān
ānwéizhījūnzhīsāngshízhǐgānwényuèchùānwéijīnānwéizhī
zǎichūyuēzhīrénshēngsānniánránhòumiǎnzhī怀huáisānniánzhīsāngtiānxiàzhītōngsāngyǒusānniánzhīài

《论语》阳货第十七-21

(1)宰我:孔門十哲の一人。姓は宰、名は予、あざなは子我。

素読文:
さい問う。三年のすでひさし。君子三年れいさざれば、礼かならやぶれん。三年がくを為さざれば、楽必ずくずれん。きゅうこくすできて、新穀しんこく既にみのる。すいりて火をあらたむ。にしてむべし。
子曰わく、の稲を食い、にしきる、なんじおいやすきか。
曰わく、安し。
汝安くばすなわこれを為せ。れ君子の喪にるや、うまきをくらえどもあまからず、がくを聞けども楽しからず、居処きょしょ安からず。ゆえに為さざるなり。今汝安くば則ち之を為せ。
宰我ず。子曰わく、の不仁なるや。うまれて三年、しかる後に父母のふところよりまぬがる。れ三年の喪は、てん通喪つうそうなり。その父母に三年の愛らんか。

解釈:
宰我問う:“父母の喪は三年となっているが、期間が長すぎる。もし君子が三年間も礼を修めなかったら、礼はすたれてしまう。もし三年間も楽に遠ざかったら、楽がくずれてしまう。穀物は一年で食いつくされ、新しい穀物が実る。火を擦り出す木は、四季それぞれの木が一巡して、またもとにもどる。それを考えると、父母の喪も一年で十分に思える。

子曰く:“お前は、父母が亡くなり一年たてば、うまい飯をたべ、美しい着物を着ても平気なのか?”

宰我曰く:“平気です”

子曰く:“お前がなんともなければ、好きなようにするがよかろう。だが、君子ならば、喪中にはご馳走を食べてもうまくないし、音楽を聞いても楽しくないし、どんなところにいても気がおちつかないものなのだ。だからこそ、一年で喪を切りあげるようなことをしないのだ。もしお前がなんともなければ、そうすればよい”

それで宰我はひきさがった。
子曰く:“は不仁なり。人の子は生れて三年たってやっと父母の懐をはなれる。だから、三年間父母の喪に服するのは天下の定例になっている。いったい予は三年間の父母の愛をうけなかったとでもいうのだろうか”

宰我は合理主義者のようです。孔門十哲なのに本編では孔子から見放されたような言われ方をしています。

不仁者を遠ざける

fánchí(1)wènrényuēàirénwènzhìyuēzhīrénfánchíwèi(2)yuēzhí(3)cuòzhūwǎng(4)néng使shǐwǎngzhězhí(5)fánchí退tuìjiànxià(6)yuēxiāng(7)jiànérwènzhìyuēzhícuòzhūwǎngnéng使shǐwǎngzhězhíwèi
xiàyuēzāiyánshùn(8)yǒutiānxiàxuǎnzhònggāotáo(9)rénzhěyuǎntāng(10)yǒutiānxiàxuànzhòngyǐn(11)rénzhěyuǎn

《论语》颜渊第十二-22

(1)樊迟:孔子の弟子。はんあざなは子遅。
(2)未达:まだよく理解できなかった。
(3)举直:正直な人を登用する。
(4)错诸枉:正直な人をよこしまな人(枉)の上に置く(错)
(5)使枉者直:よこしまな人を正直者に変える。
(6)子夏:子門十哲の一人。姓は卜、名は商。字は子夏
(7)乡:さきほど。
(8)舜:中国神話に登場する君主。
(9)皋陶:舜帝の臣。法を制定し司法長官となる。皐陶が法を司るようになると悪人が減ったという。
(10)汤:湯王。殷王朝初代の王。
(11)伊尹:湯王の臣。夏の桀王を打倒。殷建国の名臣と言われる。

素読文:
はん仁を問う。子曰わく:人を愛す。知を問う。子曰わく:人を知る。
樊遅いまたっせず。子曰わく:なおきをげてこれまがれるにき、まがれるものをしてなおからしむ。
はん退しりぞき、子夏しかを見て曰わく:さきわれふうまみえて知を問うに、子曰わく、なおきをげてこれまがれるにき、まがれるものをしてなおからしむ、と。なんいぞや。
子夏しか曰わく:めるかなげんや。しゅんてんたもち、しゅうよりえらんで皐陶こうようぐれば、仁者じんしゃとおざかる。とうてんたもち、しゅうよりえらんでいんぐれば、じんしゃとおざかれり。

解釈:
樊遅が仁の意義をたずねた。子曰く:“人を愛することだ”
樊遅がさらに知の意義をたずねた。子曰く:“人を知ることだ”
樊遅はまだよく理解できなかった。子曰く:“正直な人を挙用して、よこしまな人の上におくと、よこしまな人も自然に正直になるものだ。”
樊遅は室を出て、子夏を見るとすぐ尋ねた。“さきほど、夫子に、知について尋ねました。夫子は、まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった者も自然に正しくなる、といわれましたが、これはどういう意味でしょうか。”
子夏曰く;“含蓄の深いお言葉だ。昔、舜帝が天下を治めた時、衆人の中から賢人皐陶こうようを登用し宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。また殷のとう王が天下を治めた時、衆人の中から賢人いんを登用して宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。”

国を治めるためには主君が仁,直でなければならないが、それに使える家臣も仁、直でなければ民衆を治めることはできない。国でなくても組織でも同様でしょう。

仁に生きれば餓死するも怨みなし

rǎnyǒu(1)yuē(2)wèiwèijūn(3)gòngyuēnuòjiāngwènzhīyuē(4)shū(5)rényuēzhīxiánrényuēyuànyuēqiúrénérrényòuyuànchūyuēwèi

《论语》述而第七-15

(1)冉有:孔門十哲のひとり。姓はぜん、名はゆうあざなは子有。
(2)ふう:孔子の尊称。
(3)卫君:衛の君主、しゅつこう
(4)伯夷:殷代末期の孤竹国の王・亜微の長男
(5)叔齐:殷代末期の孤竹国の王・亜微の三男

素読文:
冉有ぜんゆうわく、ふうえいきみたすけんか。こう曰わく、だくわれまさこれを問わんとす、と。りて曰わく、はくしゅくせい何人なんぴとぞや。曰わく、いにしえ賢人けんじんなり。曰わく、うらみたるか。曰わく、仁を求めて仁を得たり。又何をか怨みん。出でて曰わく、夫子は為けざるなり。

解釈:
冉有が問う:“夫子は衛の君を援けられるだろうか”
子貢曰く:“よろしい。私がおたずねしてみよう”
子貢は孔子の室に入ってたずねる:“伯夷・叔斉はどういう人でしょう”
孔子曰く:“古代の賢人だ”
子貢曰く:“二人は自分たちのやったことを、あとでくやんだのでしょうか”
孔子曰く:“仁を求めて仁を行なうことができたのだから、なんのくやむところがあろう”
子貢は孔子の部屋を出て冉有に曰く:“夫子は衛の君をお援けにはならない”

この項は、長らく意味がわかりませんでした。渋沢栄一の「論語の読み方」を読んで理解できました。

冉有は当時衛に仕官していた。英霊公の後目を巡って蒯聵かいかいとその息子・ちょう(出公)の親子間で紛争が起きていた。冉有はこの紛争を収めることはできないかと孔子に相談したいが、直接相談せずに子貢に孔子は衛を助けてくれるだろうかと聞いた。子貢は孔子に直接衛のことを聞かず、昔王位継承争いを嫌って国を離れた伯夷・叔斉兄弟のことを訪ねている。伯夷・叔斉兄弟は人里離れたところに隠棲するが餓死してしまう。孔子はこの二人は仁者として生きることができたのだから、何も後悔はしていないだろうと答えている。それを聞いた子路は冉有に「孔子は衛の争いに口出ししないだろう」と言っている。

子路は直接問題を聞くのではなく、今起きている問題を過去の問題になぞらえて孔子に質問し、答えを得ています。さすが子門十哲の一人です。
しかし子路はこの衛の紛争に巻き込まれ殺されてしまうのです。

聞は達に如かず

zhāngwènshìwèizhī(1)
yuēzāiěrsuǒwèizhě
zhāngduìyuēzàibāngwénzàijiāwén
yuēshìwén(2)fēizhězhìzhíérhàocháyánérguānxiàrén(3)zàibāngzàijiāwénzhěrénérxíngwéizhīzàibāngwénzàijiāwén

《论语》颜渊第十二-20

(1)达:通达、熟達する。
(2)闻:有名望、名声が広まる。
(3)下人:对人谦恭有礼、礼儀正しく謙虚である。

素読文:
ちょうう。何如いかなるをこここれたつうべきか。
わく、なんぞや。なんじ所謂いわゆるたつとは。
子張こたえてわく、くにりてもかならこえ、いえに在りても必らず聞こゆ。
子曰わく、ぶんなり。たつあらざるなり。れ達なる者は、しっちょくにしてこのみ、げんさっしていろはかりてもって人にくだる。くにりても必ずたっし、家に在りても必ず達す。れ聞なる者は、いろじんりて、おこないはたがい、これりてうたがわず。邦に在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ。

解釈:
子張が孔子に問う“士として「達」の境地とはどういうことでしょう。”
孔子が問う“「達」とはどういうものだと思う?”
子張答えて曰く“公的にも、私的にも名声を得ることだと思います”
孔子曰く“それは「名聞」であって「達」ではない。「達」なる者は実直にして正義を愛し、人言に惑わず、顔色に騙されず、人に対して礼をわきまえ謙虚である。公的にも、私的にも熟達しているということだ。「名聞」だけの者は、表面上仁を装っておれば公私とも取り繕うことができようが、それは断じて「達」ではない”

「士」を学者、読書人、知識分子、立志の人と解釈している例がありました。本稿では、志の高い人という意味で「士」と表記しました。

陽貨と孔子

yánghuò(1)jiànkǒngkǒngjiànkuì(2)kǒngtúnkǒngwáng(3)érwǎngbàizhīzhū(4)wèikǒngyuēláiěryányuē怀huáibǎoérbāngwèirényuēhàocóngshìér(5)shīshíwèizhìyuēyuèshìsuìkǒngyuēnuòjiāngshì

《论语》阳货第十七-1

(1)阳货:陽貨、又の名を陽虎。中国春秋時代の魯の政治家。
(2)馈:贈る
(3)亡:不在。『伺其亡』で不在を見計らって
(4)途:途中
(5)亟:しばしば

素読文:
よう孔子を見んと欲っす。孔子まみえず。孔子にいのこおくる。孔子きをうかが
いてきてこれはいす。これみちう。孔子にいて曰わく、来たれ、われなんじと言わん。たからいだきて其のくにを迷わすは、仁とうべきかと。曰わく、不可ふかなりと。事にしたがうを好みてしばしば時を失うはうべきかと。曰わく、不可なりと。日月じつげつく。とし我とともにせず。孔子曰わく、だくわれまさつかえんとすと。

解釈:
魯の大夫・陽貨が孔子に会おうとしたが、孔子は応じなかった。陽貨は孔子に豚肉を贈った。孔子は陽貨の留守を狙ってお礼に出かけた。折悪く帰りの途上で陽貨と出会ってしまう。
陽貨曰く:“あなたに話があるから家に来なさい”
陽貨は尋ねる:“胸中に宝を抱き、国家の混迷を傍観している者を仁者と言えるか?”
孔子:“言えません”
陽貨:“国政に従事したいと願いながら、しばしば機会を失う者を知者と言えるか?”
孔子:“言えません”
陽貨:“月日は流れ、歳は人を待ってはくれぬ”
孔子:“わかりました。いずれ仕官いたします”

孔子はいずれ仕官すると陽貨に言っていますが、陽貨に仕官しなかった。その理由は論語には出てきません。
陽貨が孔子を招聘したいと思っていた頃、陽貨は主に反旗を翻し魯の実権を握っています。孔子はこの件が気に入らなく陽貨に会おうとしなかったのではないでしょうか?

六言六蔽

yuē:“yóu(1)wénliùyán(2)liù(3)?”
duìyuē:“wèi。”
hào(4)rénhàoxuéhàozhìhàoxuédànghàoxìnhàoxuézéihǎozhíhàoxuéjiǎohàoyǒnghàoxuéluànhàogānghàoxuékuáng。”

《论语》阳货篇第十七-8

(1)由:子路。
(2)六言:六つの美徳。仁・知・信・直・勇・剛。
(3)六蔽:六つの弊害。
(4)好:hǎoではなくhào(好む)。

素読文:
わく:“ゆうや、なんじ六言りくげん六蔽りくへいけるか。”
こたえて曰わく:“いまだし。”
れ、われなんじかたらん。じんこのみてがくこのまざれば、そのへいを好みて学を好まざれば、其蔽やとうしんを好みて学を好まざれば、其蔽やぞくちょくを好みて学を好まざれば、其蔽やこうゆうを好みて学を好まざれば、其蔽やらんごうを好みて学を好まざれば、其蔽やきょうなり。”

解釈:
子曰く:“由よ、お前は六つの善言に六つの弊害があるということを聞いたことがあるか”
子路がこたえた。“まだ聞いたことがございません”
子曰く:“では、かけなさい。話して聞かそう。仁を好んで学問を好まないと、愚かな博愛主義に陥りがちとなる。知を好んで学問を好まないと、野放図な妄想に陥りがちなものだ。信を好んで学問を好まないと、周りに害をなしがちとなる。直を好んで学問を好まないと、杓子定規となりがちとなる。勇を好んで学問を好まないと、血気にはやって秩序をみだしがちとなる。剛を好んで学問を好まないと、理非をわきまえない狂気じみた振る舞いをしがちとなる。”

人にとって六言「仁・知・信・直・勇・剛」は美徳だが、それを裏付ける「学」がなければ、却って害となる。ここで言う「学」とは学歴とか知識のことではなく「物事を深く考える」ということだろうと思います。

恭寛信敏惠ならば仁

zhāngwènrénkǒngkǒngyuē:“néngxíngzhětiānxiàwéirén。”
qǐngwènzhī。”yuē:“gōngkuānxìnmǐnhuìgōngkuānzhòngxìnrénrènyānmǐnyǒugōnghuì使shǐrén。”

《论语》阳货第十七-6

素読文:
ちょうじんこうう。孔子曰わく;“しゃを天下に行なうを仁とす。これこいう。曰わく:“きょうかんしんびんけいなり。きょうなればすなわあなどられず、かんなればすなわしゅう得うしんなればすなわひとにんじ、びんなればすなわこうり、けいなればすなわもっひと使つかうにる。”

解釈:
子張仁を孔子に問う。孔子曰く:“五つの徳で天下を治めることができたら、仁といえるだろう”
子張はその五つの徳についての説明を求めた。孔子曰く:“恭・寛・信・敏・恵の五つがそれだ。他に恭しく接すれば人に侮られない。他に対して寛大であれば衆望があつまる。信をもって人と交われば人が信頼する。仕事に敏活であれば功績があがる。恵み深ければ人を働かせることができる”

以前『剛毅木訥は仁に近し』とご紹介しました。
子張には『恭寛信敏惠』の五つが揃えば仁と言える、と孔子は言っています。
『剛毅木訥』は人の性格や振る舞いの性質、『恭寛信敏惠』は人の行動の指針、と解釈すればよいでしょうか。

ともに仁を為す

zēng(1)yuētángtángzhāngnánbìngwéirén

《论语》子张第十九-16

(1)曾子:孔子の弟子。姓はそう、名はしんあざな輿

素読文:
そうわく、堂堂どうどうたるかなちょうや。ともならびてじんがたし。

解釈:
曾子曰く:“子張は堂々たる態度だが、ともに仁の道を歩める人物ではない”

子游は、子張はまだ仁者には至っていないと評しています。
「難きを為す」
曾子の子張に対する評価も高くはないようです。

難きを為す

yóu(1)yuē:“yǒuzhāng(2)wéinánnéngránérwèirén。”

《论语》子张第十九-15

(1)子游:孔門十哲のひとり。姓は言、名は偃、呉の人
(2)张:孔子の弟子、子張のこと。姓は顓孫せんそん、名は師。孔門十哲には入っていないが論語にはしばしば登場する。

素読文:
ゆうわく:“ともちょうや、くしがたきをす。しかれどもいまじんならず。”

解釈:
子游曰く:“我が友子張は、困難な事をやり遂げることができるが、まだ仁者とは言えない。”

議論のありそうな言葉です。
人に出来ない能力(例えば金儲けの商才)があるからといっても仁者であるとは言えません。
でも、朝エレベータで一緒になった名前も知らぬ隣人に「おはようございます」と声をかけることは「難きこと」であり仁の第一歩と言えるかもしれません。

殷の三仁

wēi(1)zhī(2)wéizhīgān(3)jiànérkǒngyuē:“yīnyǒusānrényān。”

《论语》微子第十八-1

(1)微子:殷王朝・紂王の異母兄。紂王の暴政を諫言するも、聞き入れられず他国に逃亡する。
(2)箕子:紂王の叔父。紂王の暴政を諫言するも、捕らえられ奴隷となる。
(3)比干:紂王の叔父。紂王の暴政を諫言するも、紂王の怒りを買い殺される。

素読文:
微子びしこれり、箕子きしは之がり、比干ひかんいさめて死す。こうわく、いんさんじんり。

解釈:
微子、箕子、比干は殷王・ちゅう王の暴政を諌めたが、紂王は暴政を改めることはなかった。微子は国を去り隠棲した。箕子は捕らえられ奴隷となった。比干は処刑された。孔子はこれら三人を「殷の三仁」と讃えた。
『仁』という言葉を「思いやり」と解釈することがままあります。『殷の三仁』を説明するときに「思いやり」という言葉では足りないように思います。